Uncategorized

アイ工務店の太陽光発電の売電実績とメリットデメリットと後悔ポイント

太陽光発電をつけるか迷ってしまう。計算上はお得に見えるけど、実際につけてみたら損しないか心配。と思うことがあるかと思います。

今回はわが家が実際に太陽光発電を実際につけてみた発電実績、メリットデメリット、後悔ポイントをご紹介します。

このブログを読めば、新築時に太陽光発電を付けた方がいいのか付けない方がいいのか、付ける際に気を付けるべきポイントがわかります。

結論:太陽光発電はつけなくてよい

発電実績

売電実績は上のグラフの通りで、年間平均は

2019年 7,729円
2020年 6,725円
2021年 6,060円


でした。売電収入は毎年減少しています。

理由は

・毎年の天気の違い

・電力使用量の違い

・ソーラーパネルの劣化

などが考えられます。

わが家では太陽光パネルをローンで購入しており、毎月7900円支払っております

最低限これを超えないと損した気分になるので、おすすめしません。

ローンは10年で終わるので、早く終わらないかなと思っています。

メリット

太陽光発電をつけるメリットは

・地球にやさしい

・近年電気代が高騰しているので、自家消費するにはお得

ということが挙げられます。

デメリット

太陽光発電をつけるデメリットは

ソーラーパネル費用が高い。

ローンで買うと毎月損した気分になる

ということが挙げられます。

後悔ポイント

太陽光発電を付ける際の後悔ポイントは補助金を貰えなかったことです

現在多くの自治体で太陽光発電を取り付ける際には補助金がもらえます。

しかし、事前申請が必要な場合は新築時早めに申請しないといけません。

わが家では気づくのが遅れて申請が間に合わず、補助金がもらえませんでした。

・太陽光発電の補助金には申請が必要

・太陽光発電は後からでも取付可能

おすすめ:家を建築後に補助金申請をして、太陽光発電を後付けする。

まとめ

今回は発電実績、メリット、デメリット、後悔ポイントを紹介しました。

参考になればうれしいです。

ありがとうございました。